環境省がすすめるエコツーリズムに興味津々!

環境省がすすめるエコツーリズムに興味津々!

環境省はエコツーリズムという環境への取り組みを行っています。

環境大臣を議長として行われているエコツーリズム推進会議は、自然環境や歴史文化を対象としてそれらを体験し、学ぶと共に対象となる地球環境や歴史文化の保全に責任を持つ観光のあり方を考えています。
平成23年度にはエコツーリズム推進方策検討会を設置しています。
平成15年に設置されたエコツーリズムの普及並びに定着を目標に、講演会や人材育成、エコツーリズムに取り組む地域への支援等が行われています。
奥深さに気づくことで自然を愛する心の芽生えを引き出し、地球環境問題や環境保全に関する行動を身につけさせたり、地球固有の魅力を見直すことで、地域に固有の魅力を見直させたりと、そんな環境遺産を引き継ぐ活力のある地域作りなどが目指されています。
そして、私たちが未来のために何が出来るのかを考える切っ掛け作りが行われているのです。

このように地球環境は日増しに悪くなり、このままではドンドン悪くなる一方だと言えます。

それを少しでも食い止めるために、地球人としての日本の中から、少しでも環境に取り組む姿勢を表したと言えるでしょう。このままでは地球の汚染は進むばかりです。

日本人であれば、それを救いたいと思う気持ちを育てられるように環境省も取り組んでいると言えます。
地球環境は人類が過ごす上で非常に大切です。

無駄なエネラグ-を使わず、地球境環境を汚すこと無く、きれいな自然を少しでも残す取り組みを一人一人が行わなければならにのです。

日本人であれば、これまでに公害や公害病など緩急への影響が人間の身体にどれだけ悪影響を与えてきたかがよく分かるはずです。

そんな経験を踏まえて、少しでもきれいな地球作りに取り組んでいかなければならないと思います。
環境省が全面にでて推進しているエコツーリズム運動にも積極的に参加し、少しでも自然とふれあうことで地球環境を考える切っ掛けにして欲しいと思います。
地球の環境は今や待ったなしと言えるところまで来ているからです。